(小田原 宿)

  二十 番    小田原 一里塚
(小田原 市)

天保年間の相模国風土記稿には 『高六尺五寸、 巾五間 ばかり、塚上榎樹有りしが今は松の 小樹を植えゆ、 東は小八幡村、西は風祭村の里候に続けり』と なっている。

   日本橋から二十 里。


小田原市浜町4丁目24−8

日本橋から⇒久野川の山王橋を渡り土塀を右に見ながら 約250m先、浜町陸橋う左側階段の空き地に石碑と説明番が建っている。 京から⇒旧街道から1号線に出て、新宿交差点をすぐ右折れ、北東へ330m行くと浜町陸橋が見えて来、 右側階段空地に『江戸口見付 跡 並 一里塚跡』の大きな碑と案内板が有り。



東海道の一里塚  小田原  東海道の一里塚


東海道の一里塚 東海道の一里塚 東海道一里塚